不動産の賃貸と自宅のメリットとデメリット

賃貸と持ち家のメリット・デメリットは住む人の価値観にもよるとは思うのですが一般的なことで言うと、やはり自分の財産として残るか否かというところに尽きると思います。管理などを考えると賃貸の方が楽ですし、気軽に引越しができるので、万が一近隣とのトラブルがあった場合には後腐れなくさくっと離れることができます。持ち家ではそうそう引越しなどできませんし、住宅ローンの他に固定資産税なども支払わなくてはなりませんので、結構大変です。ここでいう自宅とは、賃貸住宅や賃貸マンションに対しての反対語つまり「売る」に対しての「買う」だと思うのですが、一戸建てを購入するときたくさんの分類に分かれていることに気がつきます。なかでも分譲住宅というカテゴリーは住宅区分の中で、分譲を目的として建てられた住宅です。建売の住宅や、分譲マンションと同じように売ることを目的として建てた物件のことを言います。
賃貸と持ち家、どちらにもメリットとデメリットがありますが、賃貸で10万以上の家賃を払っているのであれば、持ち家を十分に考えられるのではないかと思います。ですが、買ってしまうと簡単に引越しをすることはできなくなってしまいます。ただ、転勤が多かったり趣味で引越しをするような人でない限り、持ち家の方が何かと良いのではないかと思います。最終的には自分の財産となりますし、捨て金にならずに済むように感じます。現在、社会人として何年か給料を貯金されてきて、一定の金額に達した方々や、めでたく結婚をされた方々、新たにお子さんが生まれた方々、お子さんが大きくなり現在住んでいる家が手狭になってきたなと感じている方々など、様々な方が、引越しなどを検討されている中で、賃貸と自宅購入のどちらが望ましいのかということを悩んでいると考えられます。この賃貸と自宅に関しては、「どちらが金銭的に得なのか」かという観点でよく議論されていますが、金銭に関しても、生活上の様々な判断軸の1つの要素でしかなく、本来であれば、自分として人生において重要視するものが何で、賃貸と自宅では、どちらがそれを満たしてくれているのかという観点で、両者のメリット、デメリットを比較することが望ましいといえます。まず、金銭的な面で言えば、賃貸と自宅でそう大きな差は出難いということが一般的な見方であり、金利変動等も踏まえなければ何ともいえませんが、若干賃貸の方が得であるとはいえます。

不動産と賃貸住宅の関係

賃貸住宅ですと入居者となるほかに投資としての賃貸物件もございます。大家さんのリスクとしては入居者の家賃不払いや隣人どうしの騒音トラブル、無断でペットを飼うなど対応に困ることもしばしばありそうです。私の友人が新宿区で一人住みをしています。お嬢様育ちのせいかゴキブリが苦手で部屋ではゴミの始末にも気を配っていました。ところがこの夏不運にもゴキブリに遭遇。自分では捕まえられず大家さんを呼んで退治してもらったということです。そんな時でも大家さんは嫌な顔ひとつせずに「またゴキブリが出たら呼びなさいね。」とにっこり。面倒見がよくて優しい大家さんを頼りにしているそうです。
不動産はただ家を売るだけの商売ではありません。その人がちゃんと暮らしていけるかなども相談にのることもあります。そうした総合的に見たうえでの物件紹介はとてもよい物件です。現在一軒家に住んでいる人は少なくなってきている。それは不動産がより良いアパートや集合住宅を作っているからだと思う。自分が住んでいるのは一軒家、それも結構大きめな家である。ただ、この家で満足しているかというとそうでもないような気もする。実は前々からアパートの豪華さ、家具あり賃貸の豪華さにあこがれを抱いていた。今の家ではたいていの用事は済む。家族を養っていくのもそう難しくはない。ただ、致命的なのは交通の便が非常に悪いことである。自分の住んでいる家は都内近郊とは程遠い場所にあり会社に通勤するのもとても大変なのである。だからといってすぐに引っ越したいという欲望はない。やはり、今の住宅はとても豪華で地震などにもとんでもなく強い。自分の家は昔の家なのでその面ではとても心配である。そういうことを考えているとやはり非常に心配になってくる。地震、水害、自然災害などその他もろもろあるのだがとても心配である。そういうのがない、少ないような家はとても魅力的だ。
今、マイホームを購入しようかと迷っています。あと数日で東日本大震災から3年が経ちます。東京でも少なからず被害があったあの地震と同規模か、それ以上の首都直下型地震がこのあと必ず来ると言われています。こんなタイミングで家を買ったとして、地震の被害にあったらどうしようという気持ちもあり、なかなか踏ん切りがつかないでいます。しかし、今住んでいるアパートは築30年の木造住宅なので、地震が起きたらまず助からないのではと思っています。

2200

賃貸物件で気にしておいた方がいい出費について

賃貸住宅を借りる場合にはいろいろなところで出費がかさみます。例えば、結婚後30年以内に7割の人が持ち家を持とうと考えるのは賃貸住宅は意外と出費が多いからという理由もあります。ですが、すべての人が持ち家を持つわけではありませんし、一生賃貸住宅でもいいという人もいますので、賃貸住宅の出費とはうまく付き合っていかなければなりません。もし、家賃の滞納が続くと強制退去になってしまいますので賃貸物件の出費についてはあらかじめ知っておくべきでしょう。 賃貸物件を借りる時の出費は基本的に家賃の5倍のお金を用意しておくべきです。家賃が7万円であれば35万円は支払えるようにしておきましょう。内訳は敷金、礼金がある場合には礼金、火災保険料、仲介手数料、鍵代、車があれば駐車場代などです。 続いて、住み始めてからの出費です。住み始めてからは毎月の家賃を支払うだけですが、更新月には更新費用と火災保険費用を支払わなければなりません。更新月のことをうっかり忘れていて通帳に残高がなくて引き落としができなかったという例もありますので注意したいところです。更新月は賃貸物件を借りてから2年後のことが多いですが、1年後のこともあります。賃貸物件によっては更新料がいらないところもあります。

Copyright ©All rights reserved.不動産の賃貸と自宅のメリットとデメリット.